Give&Giveお試しセット
営業日カレンダー
モアについて

Give&Give商品の選び方

Give&Give化粧品には、美容液だけで4種類ありなかなか自分にあった商品を見つけるのが大変です。
まずは今の自分の肌がどういう性質なのかを判断していただき、その上で、その肌質にあう商品をお選びいただきます。

肌質の見分け方

肌質とは肌の状態を示す美容業界の言葉で、皮膚科の医師が正常と判断する健康な肌状態の範囲内でも、大きな個人差があります。
肌の状態を知る重要な要素は、水分量と皮脂量の2つです。この2つの分泌量を目安に4つに分類されます。
肌質それぞれの性質と、それに合った商品を紹介していきます。


普通肌

水分量が多くて皮脂量が少ないタイプで、ノーマルスキンともいわれます。 皮脂が少なめで水分が多いので、肌トラブルが起こりにくい肌質。


脂性肌

外部からの刺激や乾燥に強く、シワなどの肌老化にも強い。しかし、肌の内部を見てみると乾燥ぎみであることも。 皮脂が過剰な場合、空気中の汚れを吸着しやすいのためニキビや吹き出物、手穴の黒ずみなどのトラブルも多くなります。


乾燥肌

皮脂分泌が少ないのでニキビや吹き出物はできにくい。肌は薄く弾力が無いのでシワができやすい。 水分と皮脂の両方が不足している状態のため、 表面がひび割れ、外界のダメージを受けやすく、内部の水分や保湿成分も逃げ出しやすい。様々な肌老化の原因に!


乾燥型脂性肌(混合肌)

混合肌は、頬から口・アゴの周りにかけての Uゾーンが乾燥するのに対して、額から眉間・鼻にかけてのT ゾーンは脂っぽい(皮脂の分泌が多い)のが特徴。 水分量が少なくて皮脂量が多い。 キメが粗く、若い男性に多くみられます。


あなたの肌質はどれに近かったでしょうか?
肌質というのはある程度は決まっていますが、もって生まれたものが一生涯続くわけではなく、年齢や季節、ホルモンバランス、体調などによって変化します。(冬になると乾燥する、年齢と共に乾燥しやすくなったなど)
どの肌質でなければいけないというのではなく、美しい肌を保つには、その時の肌質を見極めるのが大切です。

合わせてご利用ください♪

毎日のスキンケアに

洗顔や外出時のUVケアなど、毎日のケアも大切です。
健康できれいな素肌のために、こちらの商品も役立ててください♪


Youtube